こんばんは、HEIDIです。

この企画の当事者でありつつ1番この完成が楽しみなファンでもありますが、サイトでは初めての発言となります。

発端の30歳の誕生日まであと10日となったので、少しずつお話が出来ればいいな、と思います。

まずは、この企画のスタートに関して。

思い立ったのは1年と4ヶ月前の28歳の時でした。「成人式に出ていないから30歳は盛大に自分を祝おう」と決めたことです。何故出なかったのかは追々語るとして、この1年と4ヶ月で沢山の経験をしました。多分、平々凡々に生きていれば一生分の経験をした気がします。凄くて、贅沢で、不思議で、新しいことばかり。本当に頭が上がらない程度には、悔いの無い20代を過ごしたことかと思います。

勿論、そこには他者の尽力ありきで、はいじという人間はただただ渦に飲まれるが如く静観するしかなかったのです。なにしろ凄い方ばかりなのですから。

ご紹介が遅れましたが、全面的にこの企画のプロデュースを引き受けてくださったTRMNさん。リスペクトすべきクリエイターであり、羨望の眼差しでしか見れないセンスがあり、気兼ねない友人でもあります。彼女の作品に惚れた26歳の時の衝撃は今でも忘れません。

だからこそ、TRMNさんにこの企画を請け負って欲しかった。自分のために作る写真集ならば、自分の尊敬する人に作って欲しかった。ただそれだけなのです。

しかしながら、蓋を開けてみればびっくり。自分のセンスでは計り得ない数々の体験をさせて頂きました。

また、ご協力くださった方々の沢山の感性と才能に触れさせて頂いてからの世界のひらけ方には千言万語を費やしても表現し得ません。

さて、少しばかり停滞と申しますか、発表の機会に関しては調整さております。なんせもっと凄いことになりそうですから。

それでは、良しなに。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly